抗生物質は飲みきろう|性病は放置せず、抗生物質クラビットで治療しよう!

性病は放置せず、抗生物質クラビットで治療しよう!

薬を飲もうとする手

抗生物質は飲みきろう

クラミジアなどの性病を治療する際に利用される医薬品にクラビットという物がありますが、この薬は「抗生物質」と呼ばれる種類の医薬品です。
この抗生物質というのは非常に強い殺菌力がある医薬品で、性病などのウィルス性の病気を治療する際に頻繁に活用されます。
そして、この抗生物質というのは通常の医薬品とは違う、服用する際には注意しないといけない点が存在しているのです。

注意しないといけない点の中で最も注意しないといけないものに「処方分はすべて飲みきる」という物があります。
病院で処方された薬を服用している最中、人によっては自覚症状が落ち着いた段階で「もう病気は治ったし、そろそろ服用するのを辞めてもいいかな?」と思ってしまい、勝手に服用を辞めてしまう人がいます。
基本的に病院で処方される薬というのは「すべて飲みきることで体内から原因菌を取り除ける」という特徴があるのですが、クラビットのような抗生物質はそれ以外にも「すべて飲みきり、体内から菌を駆除し切って耐性菌を生み出させない」という目的もある為、すべて飲みきる必要があるのです。
耐性菌というのは薬に対しての耐性を持つ菌の事で、耐性を持っている薬に対しての抵抗力を持っている、という特徴があります。
なので、もしクラビットの服用を途中で辞めてしまって体内で耐性菌が生まれてしまうと、再度クラミジアなどの症状が現れた際にクラビットを服用しても効果が現れない、という事もあるのです。

もしそのような状態になってしまうと、最悪の場合手の打ちようがなくなってしまう事もあり得ます。
その為、もし性病になって病院に行った際、医師から「この薬は抗生物質です」というような説明を受けたのなら、その薬はすべて飲みきり、そのうえで医師の診察を受けて「もう服用しなくても大丈夫ですよ」と言われるまで、継続して投薬治療を続けるようにしましょう。